すぐに対処できるように知っておきたい!水道でのつまりに関する知識について解説

当サイトではすぐに対処できるように知っておきたい、水回りのつまりに関する知識について解説しています。
いざというときにも対処の仕方に関する知識を持っていれば安心です。
トイレが詰まった場合に、まずするべきこともご紹介しています。
トイレを流せなくなったときには試してみると良いかもしれません。
また水道菅自体が詰まってしまうこともあるのか、という気になる疑問にもお答えしています。
幅広い知識を得ることができるでしょう。

すぐに対処できるように知っておきたい!水道でのつまりに関する知識について解説

排水口やトイレなどの、水道関係の箇所でつまりが起こることが心配だという人もいるのではないでしょうか。
排水口やトイレが詰まった場合、ラバーカップを使用する対処法で解消できることが多くあります。
これはゴム製のカップのようなものに持ち手が付いたつまり除去のためのアイテムです。
ゆっくりと押し当てて、勢いよく引いて使用します。
ただしラバーカップは、水道の流しの排水口用と、トイレ用では形状が異なっているので注意します。

何故つまりが起こるのか?水道菅の構造について知っておこう

水が流れなくなる、流れが悪くなるなど色々な症状があるけれども、なぜこのような現象が起きるのか原因を知ると同時に仕組みや構造を知っておくことが修理や応急処置を行うときに役立てることができます。
流れが悪くなる程度なら完全に詰まっているわけではないので、騙しだまし使えるイメージがあるけれどもそのままにしていても改善することないですし症状は酷くなって完全に流れなくなることもあるなど早めに水道修理が必要です。
水道管には給水と排水の2つがありますが、排水の場合は排水管と呼ばれるもので、内部に異物が入り込むことで流れを悪くさせます。
この遺物は、間違えて落としてしまうケースもありますが、多くの場合が長年使い続けていることで蓄積されたヘドロなどの汚れです。
キッチンなどは食材のカスとヘドロが絡み合いつまりを発生させる、トイレなどの場合は排泄物などで狭い排水路に汚れが蓄積されて流せる空間が狭くなりつまりが起きるなどのメカニズムがあります。

台所の水道でつまりがあったら原因は脂!酢や重曹を使って掃除をしてみよう

冬場になるとキッチンの水道の流れが悪くなり、ついには詰まってしまうということが多くなります。
台所の水道における主なつまりの原因は、ずばり油。
常温では液体の油は、冷えると個体になって固まってしまうのです。
その固まった油を中心に食べ物カスや洗剤カスが付着し、どんどん配管の中を狭めてしまいます。
これらを解消するために、定期的にパイプクリーナーなどで掃除をしている人も多いかと思いますが、専用のクリーナーは効果が強い分、皮膚の弱い人などは肌荒れなどを引き起こしてしまう可能性もあります。
そこでおすすめするのが、重曹をお酢による掃除です。
お掃除の定番ともいえるようになった重曹ですが、アルカリ性であるため酸性の油汚れに有効であり、一方酸性のお酢はアルカリ性の汚れである水垢に有効なのです。
つまり2種類両方を使うことで、酸性・アルカリ性両方の汚れに対応することができるのです。
しかも両方とも食材としても利用できるものであるため、刺激に弱い人にも安心して使うことができます。

洗面所での水道つまりは髪の毛以外にもある?

洗面所でつまりが起きてしまう原因の中には、髪の毛をあげることができますが、他の原因ではヘアピンを流してしまった場合や、石鹸のカスが溜まることも原因になります。
他にも小物系であれば洗面台で洗う作業を行う方がいますが、洗う際に汚れを流してしまったり、埃や微細な異物が流れる可能性もあります。
油汚れが酷いキッチン用品を洗った際にも油汚れが配管内部に溜まってしまう事例もあり、髪の毛以外でも沢山の原因があるので注意が必要です。
自宅でDIYを行っている方の事例では、水性塗料を使った際にはローラーや刷毛を洗ったり、手に付着した塗料を剥がすように洗うことでも塗料の破片が異物となってつまりを起こしてしまいます。
室内清掃で使った雑巾やモップなどを洗面台で洗う行動でも、予期せぬ異物を流し込んでしまうリスクもあるので、洗い物をする際には水道は多めに流しての作業をしたり、屋外に立ち水栓などがあれば屋外で洗うこと、マンションであれば浴室の水道を使って洗う方法であればトラブルは回避できるのではないでしょうか。

トイレの水道つまりが起きやすい場所とは?

トイレの水道つまりが起こるのは、配管側と便器側になります。
便器側ではせきと呼ばれる部分が詰まりやすい傾向があり、トイレの構造上完全に水道が流れない構造になっています。
原因としては大量のトイレットペーパーやティッシュ、固形物や食べ物などがあげられ、意外と多いのがトイレットペーパーとなります。
密度が高くなることで水にとけにくくなるためであり、つまる原因につながります。
症状が起きてしまうと逆流やオーバーフローをしてしまいます。
配管側では汚水管に問題があることが多いです。
特に凍結しやすい時期に起こりやすく、つまったり汚水が逆流してきたりします。
通常であっても2階以上にトイレがある場合では配管側でつまることがありますが、これは1階に比べると排水経路が長いことが理由となっています。
節水タイプのものを使用している場合は利用頻度が低くなるとつまりやすくなることが分かっており、まんべんなく使用することが大切になります。

水道,つまりに関する情報サイト
水道のつまりはこうして解決!

当サイトではすぐに対処できるように知っておきたい、水回りのつまりに関する知識について解説しています。いざというときにも対処の仕方に関する知識を持っていれば安心です。トイレが詰まった場合に、まずするべきこともご紹介しています。トイレを流せなくなったときには試してみると良いかもしれません。また水道菅自体が詰まってしまうこともあるのか、という気になる疑問にもお答えしています。幅広い知識を得ることができるでしょう。

Search