すぐに対処できるように知っておきたい!水道でのつまりに関する知識について解説

水道菅自体につまりが起こることもある?

各住宅に水道管が設置してありますが、排水管ではなく水道管につまりが起こることがあるかどうかの判断では、通常は殆ど起きません。
インフラ整備されている住宅街では地面奥深くの水道の埋設管から各住宅へと分岐しているものなので、多少の異物が混じり込む可能性はあってもつまってしまうような異物が流れることは考えにくいと判断できます。
想定できるとしたら住宅を建築する際に、住宅設備としての水道管に錆や配管用接着剤が原因となる可能性はゼロとは言えません。
特に古い世代の住宅では、鉄製の配管を用いていることが多く、長年にわたり使い続けていることで錆が内部に蓄積されてしまい、本来の内径が3分の1以下になることは決して珍しいことではありません。
この状態では蛇口を回せば水に錆が混入するので分かりやすいものですが、更に何もせずに使い続けた場合、水が殆ど流れない状態にまで錆が増えてしまう可能性もあります。
後は地下水や井戸水を汲み上げている住宅では、異物混入でつまりが起きる可能性は否定できません。

一番起こりやすいキッチンの水道つまりの予防策

水道つまりはキッチンで起こることが多いです。
キッチンは食材を扱う場所であるため慢性的に汚れが溜まりやすく、油汚れや食べかす、固形物によって水道つまりを引き起こします。
油汚れに関しては洗剤を使用すれば解消するのではないかと感じますが実際は洗剤と一緒に油は流れている状態であり、冷えて固まると排水口などにこびりつき、起きてしまいます。
食べかすも三角コーナーなどに入れたとしても生ごみが崩れて細かくなり、すり抜けて流れ出ていきます。
起こりにくくするための予防策は丁寧に掃除をし、きれいな状態を維持することです。
さらに掃除をした後は少し熱いお湯を流すと油汚れも溶かすことができます。
ただし時間が経った場合はお湯であっても溶けることはなく汚れがこびりついていくので、パイプクリーナーなどを使用してとりのぞかなくてはなりません。
三角コーナーやごみ受け部分に生ごみをそのままにしないことも大切です。
生ごみは水にさらされると細かくなる性質があり、どんどん排水口に流れてしまいます。
その日のうちに取り除くようにします。

水道,つまりに関する情報サイト
水道のつまりはこうして解決!

当サイトではすぐに対処できるように知っておきたい、水回りのつまりに関する知識について解説しています。いざというときにも対処の仕方に関する知識を持っていれば安心です。トイレが詰まった場合に、まずするべきこともご紹介しています。トイレを流せなくなったときには試してみると良いかもしれません。また水道菅自体が詰まってしまうこともあるのか、という気になる疑問にもお答えしています。幅広い知識を得ることができるでしょう。

Search