すぐに対処できるように知っておきたい!水道でのつまりに関する知識について解説

トイレで水道つまりが起きたと思ったらまず何をするべき?

トイレで水道つまりが起きたと思ったら、まずあふれ出てくる水を止めなければなりません。
つまりこれ以上流さないように水道の元栓を占めることから始まります。
排泄物で多少汚い印象を受けますが、これをしないと階下まで水漏れが発生してしまい更なる甚大な状況に陥ってしまいます。
汚物についてはゴム手袋などで取り除いて出来るだけきれいにし、その後配管に詰まっている原因物質を乗り除くことをします。
適切に利用していれば原因物質はある程度特定できるため、それを溶かすような溶液を流し込んで様子を見てみましょう。
水で洗い流す際も、トイレの洗水機能を使うのではなくほかの水道課だ水を汲んで調節することではがれ杉を防ぐことが可能です。
もしトイレで流してはいけないものだった場合薬液では効果が無いため、専用の業者を頼むことになります。
そうすると費用は高額になってしまうため大切なのは日々使う際のルールを徹底すること、これにつきます。

ストレーナーがある場合の水道つまりの直し方と必要な工具類

水道つまりをおこしてしまい、蛇口やレバーを全開にしても流れる水量が少ないという場合では、ストレーナーを設置している場所では簡単に直せる方法があります。
道具は大きなプライヤーやモンキーレンチなどが必要とされ、トイレを事例にすると給水管から水栓タンクと接続している場合、給水管とホースの間に取付けられていることが一般的です。
このパーツは不純物を出さないようにフィルターの役割を果たしているので、長年しようしていると目詰まりを起こしてしまいます。
固定するアタッチメントを外す作業が必須になり、メーカーによる構造の違いはありますが、マイナスドライバーを押し込む方法で簡単に外せるタイプが多い傾向にあります。
次にストレーナーを外す作業になりますが、アタッチメントを外した状態では簡単に手で引き抜くことができるので、後は水道蛇口のある場所で、使い古しの歯ブラシなどで目詰まりを起こしている異物を全て洗い流すことでつまりの現象は収まります。

水道,つまりに関する情報サイト
水道のつまりはこうして解決!

当サイトではすぐに対処できるように知っておきたい、水回りのつまりに関する知識について解説しています。いざというときにも対処の仕方に関する知識を持っていれば安心です。トイレが詰まった場合に、まずするべきこともご紹介しています。トイレを流せなくなったときには試してみると良いかもしれません。また水道菅自体が詰まってしまうこともあるのか、という気になる疑問にもお答えしています。幅広い知識を得ることができるでしょう。

Search